この 2017年04月 の愛車の価値を 気軽にチェック♪

「その予算で、そのクーが買える!?」
満足の値引きのカギは
たった3分の手間で収集した、ある1つの情報です

クー購入での値引きの基本

ディーラーや販売店で、営業マンとの会話の中で、あなたの愛車の下取りのことが出てきたら注意です。 もう既に 値引き交渉はスタートしてます

欲しいクーの購入値引き。 新車でも中古車でも、営業マンのペースに乗らないことが第一歩。 そして「クー車両の値引き」「愛車下取り査定アップ」「諸費用の節約・サービス」を混同しない事が大事。
(※「減税・補助金」や「キャンペーン」等は営業マンと利害が矛盾しないので、安心して詳しくおトク情報が聞けます。金利重視のローン選びも手間はかかりますが大事です。)

「クー車両の値引き」「愛車下取り査定アップ」「諸費用の節約やサービス」 これらを混同すると、得した気分のまま、実は大きなチャンスを逃してることも。

営業マンはプロです。 頃合いに、「上司からさらに5万円の値引きの了解をもらいました! 今、決めてくれるなら・・・」などのセリフで心を揺さぶりにきます。 絶妙のタイミングだと多くの人が、ついコロッと心を動されてしまうもの。 本当はもっと値引きできるのかも知れないのに。

そうはいってもね。 「交渉や駆け引きは面倒だしなぁ・・」 「交渉なんて、どうやっていいか?分からない!」 「一夜漬けの交渉がプロの営業マンに通用するの?」・・・という気がしてませんか?

実はその心配は要らないんです。 もともとお客さん側に決定権があるのですから、あなたの立場は強いんです。 注意したいのは、
・ 営業マンの言葉を鵜呑みにしないこと
・ あなたの「欲しい!」を顔に出し過ぎないこと(ポーカーフェイス)
の2点だけ。

ホントに納得できるまで、クーのことや、営業マンの提案を聞きましょう。 聞き上手が得をするコツ。

実は簡単に入手できるたった1つの情報を事前に知ってるだけで、営業マンの言葉に惑わされる心配もなくなります。

その情報とはあなたの愛車の価値です。

多くの営業マンは下取りから話題に入るでしょう。 これって合理的ですよね。 愛車の下取り額しだいで予算も変わり、購入できる車種やグレード、オプションが変わってきますからね。

この下取り価格を軽く見てはいけません。

もし、【あなたが愛車の価値を知らなければ】、最初から営業マンの言葉を信じるしかないです。 営業マンのもっともらしい理由には、ふしぎに説得力があります。

でも、【あなたが愛車の価値を知っていれば】、営業マンが切り出した「言い値(下取り価格)」が、高いか低いか簡単に判断できます。

国内でも次々に車が売れてた時代と違い、実は「クーの車両の値引き」や「諸費用の節約・サービス」には、限界があって、努力しても、そんなには変らないのが実情です。

クルマ離れもささやかれる中、販売店も厳しい経営環境の中で努力を続けてます。 なかなかムリはできないです。

でも一方で、中古車買取りが競争の時代となり、「愛車の下取り査定アップ」については 追い風の状況。 わずかな行動で、驚きの効果も。ネット生まれのカンタン査定比較が便利。

だから、クーをおトクに購入するには、「値引き」よりむしろ「愛車の下取り査定アップ」が、カギを握ります。

愛車の価値はたった3分の簡単入力で分かる

愛車の現在の価値が、驚くほどカンタンに、しかも無料で分かる仕組み。

面倒な相場調べや、わざわざ買取店に出かける必要もなし。

ネット生まれの「愛車無料一括査定」。 たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車に対応できる 買取店が査定を競う 仕組み。 あなたは1番を選ぶだけ。 交渉で査定アップを狙うより、愛車を一番評価してくれる買取店を探すほうが合理的です。

まずは愛車の価値をチェック。 すると、クーの販売店が提示した下取り査定額にも、冷静に対処できるはず。

おそらく、ガリバーなど高価買取りが自慢の買取店が競った査定額には、ディーラーや販売店の下取り査定は かなわないかもしれません。

ナットクの買取り査定が見つかったら、そのまま買取りを進めるのがベスト。下取りにこだわる事はないです。 でも査定額に心が動かなければ、売る必要はなし。

カンタンで高い査定が評判を呼び人気です。 ハジメテでも、忙しくても大丈夫。 もう200万人が利用した、クルマ買取査定の新しい常識です。

一昔前ならね。 中古車の買取り査定を比較するなんて面倒なこと、思いつきさえしなかったでしょう!

でもね。 インターネットが生み出した、この画期的な仕組みが常識を変えました。 【カービュー(carview)の愛車無料一括査定】。 ちなみにカービュー(carview)は、日本最大の車買取・車査定ネット

カービューのすごいところは、様々な特徴の買取店が待機していること。 例えば、ガリバーなど「有名買取店」や、「高級車や輸入車を得意とする買取店」、「海外に販路を持ち古いクルマや多走行車の査定を得意とする買取店」、「動かなくなった事故車や水没車の査定を得意とする買取店」、「社外パーツの査定を得意とする買取店」、「地域密着型の買取店」、・・・などなど。 複数買取店に同時に査定をお願いできるので、きっとあなたの愛車の状態にピッタリの買取店が1番の査定額をつけてくれるでしょう。

ネットからの申し込みなので、万が一、予想外に査定額が低くても、気まずい思いをする心配がないのも嬉しいですね。

事前に愛車の価値が分かれば、もっと自信を持って話すこともできますし、 愛車の価値に気づかないまま、安い価格で手放す失敗も無くなります。

この方法に気づかずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。


carview
↑ クリック! ↑
お試し!愛車の査定比較 /たった3分の簡単入力でOK/ 200万人の常識


愛車の下取り マイカーオーナーに追い風

クーの値引きのため、愛車を高く売りたい あなたへの「追い風」は、査定が試せるカービューの愛車無料一括査定だけではありません。

例えば、日本の中古車は海外でも人気です。 だから従来なら廃車しかないと あきらめてた「古い車」や「多走行車」、「ダメージカー」なども売れてます。 動かない事故車や水没車でさえ、簡単に無料で査定が受けられます。

日本の中古車人気には理由があります。 そもそも日本車は人気ですが、日本国内の道路の舗装率の高さや、車検制度、車を大切に扱う日本人の気質なども評価されてるようです。

なおクルマによっては、部品を取るための車として価値が評価される場合もあるでしょう。 新品の部品が手に入りにくい場合や、中古部品が重宝されることもありますからね。

日本最大の車買取・車査定ネットのカービューだから、普通の国産車や輸入車・高級車はもちろん、走行不能な事故車や水没車まで専門の買取店が待機していて、無料で買取り査定が受けられます。 あなたの愛車の現在の状態にピッタリな買取店がきっとあるはず。

利用者200万人のカービューですから、あなたの他にも同じくらいの年式・車種の愛車で高価買取りを狙ってるライバルもいるはず。

納得のクーへの買い替えのため、最高の愛車の買取チャンスをつかむには、できるだけ早い行動も大切です。 いつでもできるたった3分で、 まずはあなたの愛車の本当の価値を知りましょう。


カービュー(carview)の愛車無料一括査定
carview
↑ クリック! ↑
分かるのは愛車の本当の価値 数万アップはよくあること たった3分の簡単入力


あなたの愛車の本当の価値を信じて、 クーをもっとお得に手に入れましょう。


Line

クルマの値引きにちなんだ情報

オンラインの中古車査定
インターネットでクルマの査定ができるの?不思議に思う人も少なく無いでしょう。ところが、このオンライン査定が人気で、100万人以上の人が利用しています。買取店直営のオンライン査定もありますが、おススメは複数買取店の査定がたった1回の手続きで比較できる一括無料査定です。

変速機
昔はクラッチとシフトノブを操作して手動でギアチェンジするマニュアルトランスミッション(MT)が普通でした。しだいにギアチェンジが不要なオートマチックトランスミッション(AT)が普及しました。両方の中間的なクラッチを自動化したセミオートマ。ATでは無段変速機(CVT)も話題です。

買う前の試乗
買う前の試乗は、新車でも中古車でも大事なポイントです。新車の場合は雰囲気を、中古車の場合はそれだけではなく、車の調子についても気を配りたいです。中古車の場合、さまざまなコンディションのクルマが想定できますので、エンジンをかけて動かしてみないと分からない不調や不具合もあります。

予備車検
予備車検とは、車検場と同じような検査ができる施設をもつ工場で行う検査です。検査項目としてはブレーキ・サイドスリップ・スピード・ライト・排ガスなどです。ユーザー車検では予備車検を利用するのが便利です。サイドスリップ検査とライトの光軸検査は、もっとも不合格になりやすい項目なので特に便利かも。

型落ち狙い
コストパフォーマンスを追及するなら、型落ちの車が狙い目です。モデルチェンジがあると、その前の型の車は相対的に人気が下がって値引きや値下げの対象になりやすいです。値段は下がっても性能が下がるわけではないので、これは逆にチャンスと考えるべきかも。

クー新車購入値引きのことのさんこうに.. クー廃車で納得の愛車のさいご.

オマケの話題:補助金と減税
補助金や減税が対象になるなら、自動車の購入もかなりおトクになります。エコカー補助金やエコカー減税で注目を集めましたが、実はこれ意外にも、さまざな補助金や減税は存在します。時期によっても異なりますし、条件も意外に細かいので、適用になるかどうかは微妙なこともあります。販売店に詳しい担当者を見つけて聞くのが一番でしょう。
あなたが欲しいダイハツ(DAIHATSU)のワゴン:COO/クーに使えるものがあるといいですね。
メーカー保証@愛車
見落しがちな愛車のメーカー保証。もし使えるなら、使わないのは損です。査定を受ける前に、気になる場所をメーカー保証で直してもらうのはキホンでしょう。とはいえ、お金をかけての整備はもったいないです。あくまでもメーカー保証の話です。

無料一括査定のある体験
愛車の無料一括査定は本当に便利でした。車検を通そうとして、シャーシが腐っていることを知り、修理するより廃車にしようかと思いました。でも、廃車する前に、前から気になっていた無料一括査定を試すことにしました。申し込みは簡単で、本当にたった数分で入力は完了しました。そしてしばらく待っていると、早速ある一つ目の業者からメールの回答が、もう少し詳しく知りたいとのことで、質問に回答して待つことに。待ってる間に別の会社からメールが届きました。結果は1万円。ま、廃車にするよりはマシなのでよかったと思いました。最初の会社は結局査定ゼロ。1万円の査定額を提示した業者に連絡をとり、詳しく聞きました。出張査定に応じることや、最悪でもゼロ円で引き取りはしますのとのこと。廃車で費用をかけるよりはいいかなと思い、出張査定をお願いしました。結局5千円だったかな。


らくらく分かる愛車の価格
買取店って本当に高い?
テレビやラジオ、看板で目に耳にする「高価買取り」。でも本当に高いの?

ネットで気軽に確認できます。あなたの愛車で確認できます。

簡単・無料の一括査定だから、ガリバーなど複数の買取店の査定を比べて、あなたが実力を採点できます。

買取店どうしが競うから、あなたは選ぶだけで、高価査定も期待できます。

一緒に、あなたの愛車を高く買取りする買取店も分かるので、タウンページや足を使って買取店を探す必要もないです。

200万人が体感したクルマ買取り査定の新常識。

この方法を試さずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

買取店を何軒も回る苦労をしたり、愛車の価値に気づかずに妥協した価格で手放す失敗をしないように、最初が肝心です。


クルマのお役立ちサイト

| スズキダイハツ軽自動車の新車販売台数など]全軽自協[国土交通省]MLIT[

ダイハツ車

区分:ワゴン

お問い合わせ

お問合せ・ご意見・ご感想などはコチラ(連絡先)

Copyright © 2007-2016 新車購入の値引きを優位にする【たった一言】. All rights reserved