この 2017年04月 の愛車の価値を 気軽にチェック♪

「その予算で、そのインプレッサが買える!?」
満足の値引きのカギは
たった3分の手間で収集した、ある1つの情報です

インプレッサ購入と値引きでの基本

きっと販売店やディーラーの営業マンはまず、あなたの愛車の下取りについて、話を始めるでしょう。 ここからもう値引きの交渉は始まっています

新車インプレッサ購入の値引き。 営業マンのペースにはまらないために、最初におさえたい基本があります。 それは、「インプレッサの価格の値引き」「諸費用のサービス」「愛車の下取りを高くする」の3つの区別。
(※ほかにも「減税・補助金」「プレゼント」等もありますが、時期や条件で限定されますのでタイミングをみて営業マンに聞くのが一番。 きっと喜んで詳しく教えてくれます。)

「インプレッサの価格の値引き」「諸費用のサービス」「愛車の下取りを高くする」 この3つがゴチャゴチャになると、気分は得したつもりでも、実は損しているということも。

営業マンはプロです。 頃合いに、「上司からさらに5万円の値引きの了解をもらいました! 今、決めてくれるなら・・・」などのセリフで心を揺さぶりにきます。 絶妙のタイミングだと多くの人が、ついコロッと心を動されてしまうもの。 本当はもっと値引きできるのかも知れないのに。

そうはいってもね。 「交渉や駆け引きは面倒だしなぁ・・」 「交渉なんて、どうやっていいか?分からない!」 「一夜漬けの交渉がプロの営業マンに通用するの?」・・・という気がしてませんか?

実はその心配は要らないんです。 もともとお客さん側に決定権があるのですから、あなたの立場は強いんです。 注意したいのは、
・ 営業マンの言葉を鵜呑みにしないこと
・ あなたの「欲しい!」を顔に出し過ぎないこと(ポーカーフェイス)
の2点だけ。

ホントに納得できるまで、インプレッサのことや、営業マンの提案を聞きましょう。 聞き上手が得をするコツ。

今ではビックリするほど簡単に手に入る たった1つの情報 を知ってれば、営業マンの言葉にも惑わされないでしょう。

その情報とは、愛車の現在の価値です。

営業マンと話していると、必ず愛車の下取りの話が出ます。 愛車の下取り額しだいで、購入できる車種・グレード、さらにはオプションまで影響するだけに、外せない大事な話題です。

この下取り価格を決める査定が重要です。

もし、愛車の価値を、あなたは知らないまま 交渉を始めたなら、営業マンの言い値を信じるしかないですね。 営業マンの理由は、もっともらしくて説得力もあります。

でも、愛車の価値を、あなたが知ってれば、営業マンの言い値(愛車の査定額)は、高いのか?安いのか?カンタンにチェックできます。

国内でも次々に車が売れてた時代と違い、実は「インプレッサの車両の値引き」や「諸費用の節約・サービス」には、限界があって、努力しても、そんなには変らないのが実情です。

クルマ離れもささやかれる中、販売店も厳しい経営環境の中で努力を続けてます。 なかなかムリはできないです。

でも一方で、中古車買取りが競争の時代となり、「愛車の下取り査定アップ」については 追い風の状況。 わずかな行動で、驚きの効果も。ネット生まれのカンタン査定比較が便利。

だから、インプレッサをおトクに購入するには、「値引き」よりむしろ「愛車の下取り査定アップ」が、カギを握ります。

愛車の価値はたった3分の簡単入力で分かる

愛車の現在の価値が、驚くほどカンタンに、しかも無料で分かる仕組み。

面倒な相場調べや、わざわざ買取店に出かける必要もなし。

ネット生まれの「愛車無料一括査定」。 たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車に対応できる 買取店が査定を競う 仕組み。 あなたは1番を選ぶだけ。 交渉で査定アップを狙うより、愛車を一番評価してくれる買取店を探すほうが合理的です。

まずは愛車の価値をチェック。 すると、インプレッサの販売店が提示した下取り査定額にも、冷静に対処できるはず。

おそらく、ガリバーなど高価買取りが自慢の買取店が競った査定額には、ディーラーや販売店の下取り査定は かなわないかもしれません。

ナットクの買取り査定が見つかったら、そのまま買取りを進めるのがベスト。下取りにこだわる事はないです。 でも査定額に心が動かなければ、売る必要はなし。

カンタンで高い査定が評判を呼び人気です。 ハジメテでも、忙しくても大丈夫。 もう200万人が利用した、クルマ買取査定の新しい常識です。

複数の中古車買取店の査定を 比較して 選ぶ という発想。 昔なら面倒すぎて、ありえませんでした。

ところが、インターネットが この査定比較を、ビックリするほどカンタンにしてしまいました。 『carview(カービュー)の愛車無料一括査定』です。 このカービューは、日本最大の車買取・車査定ネットです。

カービューには、様々なタイプの買取り自慢の買取店が待機してます。 例えば、ガリバーなど全国展開の大手買取店や、高級車・輸入車が専門の買取店、途上国など海外への販路で低年式車・多走行車も得意とする買取店、事故車や水没車、走行不能車などが専門の買取店、社外パーツを積極査定してくれる買取店、輸送コストを抑えられる地域密着型の買取店、・・・。 対応できる買取店に一括で査定依頼できるので、時間も手間も省いて最短で、あなたの愛車にピッタリの買取店が見つかるはず。

ネットによる依頼のため、店頭での査定と違い、予想外に査定額が低いときも、気まずい思いをする心配がない ですね。

販売店での交渉の前に、愛車の価値を知ってれば、自信にもなりますし、愛車の本当の価値に気づかず、安い言い値で手放す失敗も無いはずです。

カービューを知らないまま愛車を手放した人が本気で悔しがってます。


carview
↑ クリック! ↑
お試し!愛車の査定比較 /たった3分の簡単入力でOK/ 200万人の常識


愛車の下取り マイカーオーナーに追い風

インプレッサの値引きのため、愛車を高く売りたい あなたへの「追い風」は、査定が試せるカービューの愛車無料一括査定だけではありません。

例えば、日本の中古車は海外でも人気です。 だから従来なら廃車しかないと あきらめてた「古い車」や「多走行車」、「ダメージカー」なども売れてます。 動かない事故車や水没車でさえ、簡単に無料で査定が受けられます。

日本の中古車人気には理由があります。 そもそも日本車は人気ですが、日本国内の道路の舗装率の高さや、車検制度、車を大切に扱う日本人の気質なども評価されてるようです。

なおクルマによっては、部品を取るための車として価値が評価される場合もあるでしょう。 新品の部品が手に入りにくい場合や、中古部品が重宝されることもありますからね。

日本最大の車買取・車査定ネットのカービューだから、普通の国産車や輸入車・高級車はもちろん、走行不能な事故車や水没車まで専門の買取店が待機していて、無料で買取り査定が受けられます。 あなたの愛車の現在の状態にピッタリな買取店がきっとあるはず。

利用者200万人のカービューですから、あなたの他にも同じくらいの年式・車種の愛車で高価買取りを狙ってるライバルもいるはず。

納得のインプレッサへの買い替えのため、最高の愛車の買取チャンスをつかむには、できるだけ早い行動も大切です。 いつでもできるたった3分で、 まずはあなたの愛車の本当の価値を知りましょう。


カービュー(carview)の愛車無料一括査定
carview
↑ クリック! ↑
分かるのは愛車の本当の価値 数万アップはよくあること たった3分の簡単入力


あなたの愛車の本当の価値を信じて、 インプレッサをもっとお得に手に入れましょう。


Line

クルマの値引きにちなんだ情報

クルマの値落ち
クルマの値落ちはナンバープレートがついた瞬間から始まります。ナンバーがつくとその瞬間から中古車です。新古車が未利用のままでもあれだけ値段が下がる理由がここにあります。クルマの値落ちは経年による劣化などだけが原因ではありません。モデルチェンジ(マイナーチェンジ、フルモデルチェンジなど)やライバル車の登場などで相対的に人気が下がれば、クルマも価値を下げることになります。

サイドスリップ検査
サイドスリップ検査では、タイヤの横滑りを検査しします。検査上ではタイヤが接地している鉄板が左右に動くようになっています。左右の動きを調査して、横滑りの程度の大きさ検査するものです。NGになりやすい検査項目のため、あらかじめ予備検査しておくと無難です。

車検について思うこと
車検は規制緩和により昔と違います。ユーザー車検の仕組みを利用すれば、自分でも車検が受けられます。この制度を利用して格安車検が登場しています。でも、安いだけの車検には注意が必要です。車検は定期的に車を整備するいい機会でもあるので、整備を省略しすぎると、故障やトラブルの原因になりかねないですからね。

車の買い時
車を購入する場合、値引きの成功しやすい買い時があるといわれます。一般的には、決算期直前や、ボーナス商戦時期などがいいといわれています。キャンペーンなども用意されていることも多いです。それ以外では、できるだけ月末のほうがいいとも言われています。とはいえ、一概にいえないのが難しいところです。

新車のニオイ
新車のニオイって気持ちをワクワクさせてくれます。試乗すると欲しい気持ちがさらに高くなるのはそのせいかもしれません。この気持ちは、中古車ではなかなか味わえないものでしょう。新車のニオイにやられると、買いたいオーラがでまくって、値引き交渉が不利になりかねないので注意しましょう。

インプレッサ廃車で納得の愛車のさいご.

減税・補助金
自動車の購入には減税や補助金が出ている事が多いです。話題のエコカー減税だけではなく、時期によっていろいろな減税や補助金があります。この減税や補助金については期間や条件がありますので、ディーラーや販売店に確認するのが1番です。きっと喜んで教えてくれると思いますよ。
スバル(SUBARU)のセダン/ワゴン/クーペ/ハッチバック:IMPREZA/インプレッサに使えるものがあるといいですね。
メーカー保証を忘れてない?
メーカー保証がまだ使えるなら、気になるところを費用をかけずに修理しましょう。そのほうが高査定が期待できます。メーカー保証のこと忘れてないですか?使わないのは損ですよ。

廃車しかないといいつつ売られてた
自動車の購入で、前に乗っていた車を残すかそれとも引き取ってもらうかで迷いました。販売店の話では、査定はゼロなので廃車しかないと言っていましたが、故障も少なく問題なく走っている車。タダで手放すのはもったいないし、セカンドカーとして残しておこうかという考えもありましたが、話の流れでとりあえずクルマ屋さんに引き取ってもらう方向になりました。2日後、やはり思いなおして、廃車を取り消すという電話を販売店にしたら、既に売れたとのこと。廃車しかないとかいいながら、売るってどういうこと?と驚いたのでした。結局その車は手放すことになりましたが、ちゃんと買取店の査定を受けていれば、いくらかの金額にはなったのかなと思うと悔しいです。特にネットの無料一括査定に気づいていれば、少しの手間で価値のチェックができたのにと悔やむのでした。次は誰かの言い値を信じるようなマネはしないと思ったのでした。


らくらく分かる愛車の価格
買取店って本当に高い?
テレビやラジオ、看板で目に耳にする「高価買取り」。でも本当に高いの?

ネットで気軽に確認できます。あなたの愛車で確認できます。

簡単・無料の一括査定だから、ガリバーなど複数の買取店の査定を比べて、あなたが実力を採点できます。

買取店どうしが競うから、あなたは選ぶだけで、高価査定も期待できます。

一緒に、あなたの愛車を高く買取りする買取店も分かるので、タウンページや足を使って買取店を探す必要もないです。

200万人が体感したクルマ買取り査定の新常識。

この方法を試さずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

買取店を何軒も回る苦労をしたり、愛車の価値に気づかずに妥協した価格で手放す失敗をしないように、最初が肝心です。


クルマのお役立ちサイト

| 三菱自動車スバル新車販売台数など]JADA[ロードサービス]JAF[

スバル車

区分:セダン

区分:ハッチバック/コンパクトカー

区分:ワゴン

区分:クーペ・オープン

お問い合わせ

お問合せ・ご意見・ご感想などはコチラ(連絡先)

Copyright © 2007-2016 新車購入の値引きを優位にする【たった一言】. All rights reserved