この 2017年07月 の愛車の価値を 気軽にチェック♪

「えっ!スカイラインがその予算で買えたの!?」
値引き成功の秘訣は
わずか3分の手間で得た、たった1つの情報でした

スカイライン購入と値引きでの基本

きっと販売店やディーラーの営業マンはまず、あなたの愛車の下取りについて、話を始めるでしょう。 ここからもう値引きの交渉は始まっています

新車スカイライン購入の値引き。 営業マンのペースにはまらないために、最初におさえたい基本があります。 それは、「スカイラインの価格の値引き」「諸費用のサービス」「愛車の下取りを高くする」の3つの区別。
(※ほかにも「減税・補助金」「プレゼント」等もありますが、時期や条件で限定されますのでタイミングをみて営業マンに聞くのが一番。 きっと喜んで詳しく教えてくれます。)

「スカイラインの価格の値引き」「諸費用のサービス」「愛車の下取りを高くする」 この3つがゴチャゴチャになると、気分は得したつもりでも、実は損しているということも。

営業マンはプロです。 頃合いに、「上司からさらに5万円の値引きの了解をもらいました! 今、決めてくれるなら・・・」などのセリフで心を揺さぶりにきます。 絶妙のタイミングだと多くの人が、ついコロッと心を動されてしまうもの。 本当はもっと値引きできるのかも知れないのに。

そうはいってもね。 「交渉や駆け引きは面倒だしなぁ・・」 「交渉なんて、どうやっていいか?分からない!」 「一夜漬けの交渉がプロの営業マンに通用するの?」・・・という気がしてませんか?

実はその心配は要らないんです。 もともとお客さん側に決定権があるのですから、あなたの立場は強いんです。 注意したいのは、
・ 営業マンの言葉を鵜呑みにしないこと
・ あなたの「欲しい!」を顔に出し過ぎないこと(ポーカーフェイス)
の2点だけ。

ホントに納得できるまで、スカイラインのことや、営業マンの提案を聞きましょう。 聞き上手が得をするコツ。

今ではビックリするほど簡単に手に入る たった1つの情報 を知ってれば、営業マンの言葉にも惑わされないでしょう。

その情報とは、愛車の現在の価値です。

営業マンと話していると、必ず愛車の下取りの話が出ます。 愛車の下取り額しだいで、購入できる車種・グレード、さらにはオプションまで影響するだけに、外せない大事な話題です。

この下取り価格を決める査定が重要です。

もし、愛車の価値を、あなたは知らないまま 交渉を始めたなら、営業マンの言い値を信じるしかないですね。 営業マンの理由は、もっともらしくて説得力もあります。

でも、愛車の価値を、あなたが知ってれば、営業マンの言い値(愛車の査定額)は、高いのか?安いのか?カンタンにチェックできます。

あなたもご存知かもしれませんが、実は「スカイラインの価格の値引き」や「諸費用のサービス」ってだいたい決まっていて、がんばっても、そんなに変えられるものではないです。

国内でどんどんクルマが売れた頃と違って、車離れもささやかれる近頃では、販売店もムリはできないですからね。

でも実は、「愛車の下取りを高くする」ことは、チョットした工夫で大きな効果が期待できます。 ネット活用で【従来では考えられなかった方法】が生まれ、簡単に査定比較ができるから。

つまり、スカイラインを賢く手に入れるために、力を入れるべきポイントは、「愛車の下取りを高くする」ことなんです。

愛車の価値はたった3分の簡単入力で分かる

今の【あなたの愛車の価値】が、すごく簡単に分かる仕組みがあります。

お店に行く必要もないですし、面倒な相場調べも要りません。

それは「愛車無料一括査定」。 ネットからたった3分の簡単入力で、あなたの愛車の査定をガリバーなど複数の買取店が競います。 あなたは1番を選ぶだけで、最高価格を知ることができます。 あなたの愛車を高く買取りする買取店も分かります。

この方法で愛車の価値を知っておけば、スカイラインの営業マンの出した下取り価格を、冷静に判断できるはずです。

とはいえ、買取り価格が自慢の買取店が競った査定額ですので、ディーラーや販売店が努力してもその金額には届かないかもしれません。

下取り価格が、買取り価格より低いなら、買取店に買取りをお願いすることもできます。(もちろん買取店の査定額に心が動かなければ、売る必要はありません。)

簡単なのに査定が高いと評判で、初めての人にも、いつも忙しい人にも喜ばれてます。 利用者200万人のクルマ買取査定の新定番です。

複数の中古車買取店の査定を 比較して 選ぶ という発想。 昔なら面倒すぎて、ありえませんでした。

ところが、インターネットが この査定比較を、ビックリするほどカンタンにしてしまいました。 『carview(カービュー)の愛車無料一括査定』です。 このカービューは、日本最大の車買取・車査定ネットです。

カービューには、様々なタイプの買取り自慢の買取店が待機してます。 例えば、ガリバーなど全国展開の大手買取店や、高級車・輸入車が専門の買取店、途上国など海外への販路で低年式車・多走行車も得意とする買取店、事故車や水没車、走行不能車などが専門の買取店、社外パーツを積極査定してくれる買取店、輸送コストを抑えられる地域密着型の買取店、・・・。 対応できる買取店に一括で査定依頼できるので、時間も手間も省いて最短で、あなたの愛車にピッタリの買取店が見つかるはず。

ネットによる依頼のため、店頭での査定と違い、予想外に査定額が低いときも、気まずい思いをする心配がない ですね。

販売店での交渉の前に、愛車の価値を知ってれば、自信にもなりますし、愛車の本当の価値に気づかず、安い言い値で手放す失敗も無いはずです。

カービューを知らないまま愛車を手放した人が本気で悔しがってます。


carview
↑ クリック! ↑
お試し!愛車の査定比較 /たった3分の簡単入力でOK/ 200万人の常識


愛車の下取り マイカーオーナーに追い風

スカイラインの値引きのため、愛車を高く売りたい あなたへの「追い風」は、査定が試せるカービューの愛車無料一括査定だけではありません。

例えば、日本の中古車は海外でも人気です。 だから従来なら廃車しかないと あきらめてた「古い車」や「多走行車」、「ダメージカー」なども売れてます。 動かない事故車や水没車でさえ、簡単に無料で査定が受けられます。

日本の中古車人気には理由があります。 そもそも日本車は人気ですが、日本国内の道路の舗装率の高さや、車検制度、車を大切に扱う日本人の気質なども評価されてるようです。

なおクルマによっては、部品を取るための車として価値が評価される場合もあるでしょう。 新品の部品が手に入りにくい場合や、中古部品が重宝されることもありますからね。

日本最大の車買取・車査定ネットのカービューだから、普通の国産車や輸入車・高級車はもちろん、走行不能な事故車や水没車まで専門の買取店が待機していて、無料で買取り査定が受けられます。 あなたの愛車の現在の状態にピッタリな買取店がきっとあるはず。

利用者200万人のカービューですから、あなたの他にも同じくらいの年式・車種の愛車で高価買取りを狙ってるライバルもいるはず。

納得のスカイラインへの買い替えのため、最高の愛車の買取チャンスをつかむには、できるだけ早い行動も大切です。 いつでもできるたった3分で、 まずはあなたの愛車の本当の価値を知りましょう。


カービュー(carview)の愛車無料一括査定
carview
↑ クリック! ↑
分かるのは愛車の本当の価値 数万アップはよくあること たった3分の簡単入力


あなたの愛車の本当の価値を信じて、 スカイラインをもっとお得に手に入れましょう。


Line

クルマの値引きにちなんだ情報

年齢と自動車保険
自動車事故の発生率は年齢によって違うそうです。そのことを反映して、保険料は年齢によって違います。保険会社によっても差の程度が違うので、自分の年齢にあった保険会社を選ぶと、驚くほどの節約ができるかもしれないです。保険料比較の仕組みが便利になり、チェックも簡単になりました。

カーシェアリングの歴史
カーシェアリングは80年代にスイスで始まったといわれています。ヨーロッパにはそのような思想が出やすかったのかもしれません。同じ頃の日本の場合、マイカーへの意識が強いので、他人と車を共有するというカーシェアリングという発送は生まれにくそうです。環境にはいいでしょうけどね。

自動車のカラー
自動車のカラーで雰囲気は全く違います。白やパールホワイトが一番無難な色でしょう。黒などもカッコいいですね。逆に、グレーや水色ってなんだか地味に見えることも多いです。近頃はカラーバリエーションも増えて選択肢も多いですが、定番は意外に変わらないかもしれませんね。

輸入車は値引きになじまない
輸入車の場合、国産車と違いあまり値引きになじまないようです。値引きしても、国産車ほどの値引きは期待できないとか。もともと輸入車はあまり価格にうるさくないお客さんが多いと言うことなのでしょう。ただ、意外にもローン金利は低めのことも。輸入車を購入するということで、一定の信用が得られてるのかも。

愛車下取りの交渉
愛車下取りの交渉は駆け引きだけでは難しいでしょう。事前に同車種・同年式・同程度の走行距離の中古車の下取り価格相場を調べる手間もかかりますね。ところが、買取店との比較というかたちで競ってもらえば、案外簡単にいい条件が引き出せるかもしれません。無料一括査定で買取店に愛車の買取を競ってもらいましょう。本気の査定額だから、販売店の下取りは太刀打ちできないかも知れないです。

査定と下取り@ハイエースワゴンで失敗しない.

オマケの話題:補助金と減税
補助金や減税が対象になるなら、自動車の購入もかなりおトクになります。エコカー補助金やエコカー減税で注目を集めましたが、実はこれ意外にも、さまざな補助金や減税は存在します。時期によっても異なりますし、条件も意外に細かいので、適用になるかどうかは微妙なこともあります。販売店に詳しい担当者を見つけて聞くのが一番でしょう。
あなたが欲しい日産(NISSAN)のセダン/SUV/クーペ:SKYLINE/スカイラインに使えるものがあるといいですね。
メーカー保証@愛車
見落しがちな愛車のメーカー保証。もし使えるなら、使わないのは損です。査定を受ける前に、気になる場所をメーカー保証で直してもらうのはキホンでしょう。とはいえ、お金をかけての整備はもったいないです。あくまでもメーカー保証の話です。

店頭での査定ゼロのショック
愛車の買い替えを考える前に、今の愛車がどのくらいで売れるのかを買取店に査定を受けにいってみました。結果は査定ゼロ。年式は確かに古いけど、その割に走行距離が少なく、しかも故障もほとんどしていない車なのに、しかもその店は高価買取りの看板を掲げていたのに、査定ゼロというのにはショックでした。他の店に行く気力もなく心折れてしまったのでした。でも、今思うとネットの一括無料査定なら、そんな気まずい思いをする心配もなく、気軽に愛車の価値がチェックできるので便利だなあと思うのでした。買取店によって査定額が異なるのは珍しくないようですし、査定額を比較できる仕組みっているのがさらに嬉しいですね。以前はたった一つの買取店の言い値で心が折れましたが、もう少し早くこの仕組みに気づいていれば、あのときの愛車も廃車にすることなく買取りしてもらえたのかもしれません。


らくらく分かる愛車の価格
買取店って本当に高い?
テレビやラジオ、看板で目に耳にする「高価買取り」。でも本当に高いの?

ネットで気軽に確認できます。あなたの愛車で確認できます。

簡単・無料の一括査定だから、ガリバーなど複数の買取店の査定を比べて、あなたが実力を採点できます。

買取店どうしが競うから、あなたは選ぶだけで、高価査定も期待できます。

一緒に、あなたの愛車を高く買取りする買取店も分かるので、タウンページや足を使って買取店を探す必要もないです。

200万人が体感したクルマ買取り査定の新常識。

この方法を試さずに愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

買取店を何軒も回る苦労をしたり、愛車の価値に気づかずに妥協した価格で手放す失敗をしないように、最初が肝心です。


クルマのお役立ちサイト

| 日産新車販売台数など]JADA[オートオークション場など]JU中販連[

日産車

区分:セダン

区分:SUV/RV

区分:クーペ・オープン

お問い合わせ

お問合せ・ご意見・ご感想などはコチラ(連絡先)

Copyright © 2007-2017 新車購入の値引きを優位にする【たった一言】. All rights reserved